冬の寝室が暖かくなるよう工夫している点

寝室

ベッドや布団そして寝室で工夫していること

寝室には特にありませんが、そのぶん布団には気をつけています。
掛布団を重ねすぎると寝返りなどでずれてしまうことがあるため、
多くても布団と毛布の二枚。

足元に大き目の毛布をかけるようにしているのも、上記の予防策です。
電気毛布や靴下などを使うと、寝ている間に汗をかいて
風邪をひいてしまう恐れもありますから、
やはりなるべく自分の体温をしっかり利用できる準備を
整えるようにしています。

それでも足元の毛布がずれてしまうこともあるので、
足元をすっぽりと包み込む袋タイプの
毛布などがあると便利だと思います。

またマットレスにおいては、硬い素材より柔らかい素材の
マットレスを選ぶようにしています。冬に体が沈み込む
ほうが包まれるような感じで暖かいからです。
この高反発マットレスも良いのですが、半分低反発
スポンジが入っているので、これよりもっと低反発のみ
のマットレスだと、冬は暖かいです。

冬に暖かくするのに工夫していること。

ちょっとした外出には、よく自転車を利用していますが、
それでもあまり厚着はしないようにしています。
この場合は、体にぴったりと密着するような衣服を選び
あとはマフラーや手袋で補う感じです。

そうやってなるべく寒気の侵入を防ぎ、
また体温を逃がさないようにしつつ、自転車を漕いでいると、
それだけで全身がポカポカしてきます。

自転車から降りたあとは、むしろ暑いくらいなので、
余計な汗をかいて体を冷やしてしまわないようにする意味でも、
厚着は控えるようにしているわけです。

屋内でもエコ的な意味で空調タイプの暖房はせず、
上記の服装を心がけながら、もっぱらコタツだけで済ませています。
コタツを使う場合も、熱量は最小にして、
薄い毛布や使わなくなったバスタオルなどを足にかけています。
そうするだけで保温効果もかなり違います。
温まってきたらスイッチを切り、寒さを感じたらスイッチを入れる、
というエコ活動も、これならかなりゆったりとしたサイクルで行えます。
自動タイマー式で同様の作業をしてくれるコタツがあれば便利だと思います。

雪が降ったときに特に注意していること。

万が一の場合に備えて、外出時はなるべく徒歩で
また早めに行動することを心がけています。
やむなく自転車を使う場合は、汚れてもいい衣服を選び
厚着もするようにしています。
傘も厳禁、カッパが最適。

見た目を気にして事故を起こしてしまっては、
余計に醜態をさらす危険度も増してしまいます。
もっと手ごろな値段でコート+カッパ=服飾+雨具の
ようなものがあれば便利だと思います。

ご意見投稿お待ちしています!!